• Home
  • コスタリカ カンデリージャハニープロセス

良質コーヒー生産地として有名なコスタリカ・タラス地区の標高1500mに位置するところに
マイクロ・ミルのラ・カンデリージャ(LA CANDELILLA)があります。
このミルはこの周辺でコーヒー農園(標高1,400~1,600m)をもつ9名の兄弟が共同で運営して
おり、彼らのコーヒーを精製している小規模なウエット・ミルです。
このエリアは寒暖の差が激しいことから豆が引き締まり、栽培環境が優れている上、
綺麗な水に恵まれ、精製工程も綺麗なことから雑味のないクリアな味が魅力です。

「ハニーコーヒー仕立て」では収穫されたコーヒーチェリーを、パルパーで果肉除去された後、
醗酵行程をおかずに、ミューシレージ(粘液質)が残ったままの状態で乾燥行程に入ります。
この方法によって、ミューシレージの甘味が豆に移り、通常のウォッシュドコーヒーでは得られにくい
ハチミツを思わせる独特の香りやボディをもったコーヒー豆が得られます。
この方法では、果肉除去の行程で過熟豆、未熟豆を取り除くことが出来るというメリットもあります。
一方でミューシレージがついたままの乾燥方法は難しいといわれていますが、
ここカンデリージャでは、小規模なミルである利点を活かし、アフリカン・ベッドとコンクリート・パティオを
使っての天日乾燥も熟練した丁寧な作業がすみずみまで行き届き、
あくまでクリーンカップのなかにハニーコーヒーの甘味・香りが楽しめるコーヒーに仕上がります。

コスタリカ カンデリージャハニープロセス